横断幕の製作メリット

応援幕を作ってみませんか。チーム応援の旗として、キャンペーン広告として、企業イメージのアピール、イベントを盛り上げる旗として、個人の方でも誕生日や結婚式のプレゼントとして利用されています。横断幕にはさまざまな種類の文字や、鮮やかな写真を載せる事が可能です。応援幕の種類としては、ポールを使用したり、屋上から垂れかけたり、屋内屋外の横幕などの種類があります。素材としては雨などにも強い「ターポリン」「メッシュ」「天竺」など様々あり、価格や強度などがそれぞれ違っています。横断幕を使うメリットとしては、他の看板などに比べて比較的安いという特徴があります。また取り付けや撤去が比較的に簡単なため使い勝手が良い。保管時も巻き付けて保管できるため場所を取りません。ぜひ応援幕を製作して効果的に活用してみて下さい。


横断幕の製作方法について

横断幕を製作するためには丈夫な布が必要です。文字や絵をかくために絵はの具が必要です。絵の具は溶剤で薄めたアクリル絵の具が良いです。絵の具が固いと高面積を塗るのが困難になります。パソコンで作った絵柄を転写したい場合は作った絵をプリントアウトしてチャコペーパーを用いて布に転写すると良いと思います。きれいに絵の具を塗るためには塗りたい部分の周りにマスキングテープを張り、布に絵具を塗ります。二度塗りすることでムラが少なくなります。絵の具が乾いたらマスキングテープをはがします。マスキングテープが布から浮き上がっていたりして、塗りたくない部分に塗ってしまった場合は布と同じ色の絵の具で修正すると良いと思います。遠くから見ると少しのはみ出しは他人は全く気付かないと思います。転写するのは大変ですが、文字をきれいにかくことができます。


横断幕というものがあります。製作は大変です。

横断幕というものがあります。製作は大変です。いろいろなところで使用されているのを目にします。遠くから見ているとそれほど大きくないように見えますが、実際に近づいてみると大きさにびっくりすることも多いように思います。ここが難しさだと思います。遠くから見るということに重点をおいて作成することが大事だということなんです。そうしないとアピールが少なくなってしまうのです。しかし実際に制作する段階では遠くから見ることができないのです。なので、遠くから見た時にいかに見やすいかということを想像して作る必要があるということなのです。そこが非常に微妙で難しいところだと思います。そういうことをしっかりと想像できる人が制作したものは、やはり遠くから見た時にしっかりとアピールできるものになっているように思います。それが重要なんです。